ジアゼピン骨格

1,4-ジアゼピン(1,4-diazepine)

ジアゼピン骨格を持つ薬物は更にベンゾジアゼピン(benzodiazepine)骨格とチエノジアゼピン(thienodiazepine)骨格に分けられ、いずれも睡眠薬・抗不安薬として用いられる。

ベンゾジアゼピン骨格・チエノジアゼピン骨格をまとめて広義のベンゾジアゼピン系とすることもあるが、ここでは分けた。

ベンゾジアゼピンというと本来化学的にはベンゼン環とジアゼピン環が結合したベンゾジアゼピンそのものを言うが、5-フェニル-1,4-ベンゾジアゼピンを骨格に含む薬物が慣習的にそう呼ばれている。

よって以下ではベンゾジアゼピン系・チエノジアゼピン系はそれぞれ5-フェニル-1,4-ベンゾジアゼピン、5-フェニル-1,4-チエノジアゼピンを骨格に含むものとする。

1,4-ベンゾジアゼピン(1,4-benzodiazepine)
5-フェニル-1,4-ベンゾジアゼピン(5-phenyl-1,4-benzodiazepine)

ジアゼピン骨格を持つ骨格一覧

ベンゾジアゼピン系
5-フェニル-1,4-ベンゾジアゼピン(5-phenyl-1,4-benzodiazepine)
主な薬物としては、ジアゼパムやフルニトラゼパム、トリアゾラムなどの睡眠薬がある。
チエノジアゼピン系
5-フェニル-1,4-チエノジアゼピン(5-phenyl-1,4-thienodiazepine)
主な薬物としては、クロチアゼパムやエチゾラム、ブロチゾラムなどの睡眠薬がある。